物流用語辞典 最新更新日:2022.05.11

MFC(マイクロフルフィルメントセンター)

MFCとはマイクロ・フルフィルメント・センター(Micro-Fulfilment Center)の略語である。ネットスーパーなど、店舗から商品を出荷する業務が増えたことで、普及が進み、注目が集まっている物流システムである。
「MFC」は小型のフルフィルメント・センターであり、一般的な物流倉庫は都市部から離れた郊外に設置されることが多いが、MFCは食品スーパーなどの店舗内または敷地内に併設される。

MFCは店舗の一角に小さな商品在庫と出荷の機能を備えた場所を構築しており、自動化が進んだソリューションでは、ロボットが、専用コンテナに格納された商品をピッキングするというものもある。人間が商品をピッキングするより、はるかに効率的だと言える。
米国では今後ますます増えるであろうオンライン注文とスピード配送に対応するために、店舗へのMFC導入の動きが加速している。

ダークストアとの違い

MFCとダークストアは共にオンライン注文に対応するシステムであり、商品をピッキングし、顧客へ配送するか、顧客が直接受け取りにくるという点は共通しているが、リアル店舗で運営するダークストアと比較すると、店舗内に後からでも設置できるMFCは、初期投資が低く設置可能という点で違いがある。
・物流用語辞典「ダークストア」
https://logiiiii.f-logi.com/terms/darkstore/

関連するコンテンツ

・コラム「物流ロボットとは?概要から導入によるメリットまで解説」
https://logiiiii.f-logi.com/series/basiclogi/butsuryurobots/

・コラム「フルフィルメントとは?概要から外部に委託するメリット・デメリットまで解説」
https://logiiiii.f-logi.com/series/basiclogi/fulfillment/

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 MFC(マイクロフルフィルメントセンター)や運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。

関連記事