物流経営コラム 2020.02.05

ハローワーク徹底活用方法2~他社と差別化して選ばれる記事を作る(2)~

前回に続いて、人が集まるハローワークの使い方を伝えていきます。

キーワード<仕事内容をとことん詳しく記入する>

求人を見る際に最も大事なポイントは仕事内容です。
ハローワークでも、最大300文字程度の記載枠はフルに活用して仕事内容を訴求しましょう。
単にどのような運行形態か書くだけでなく、勤務時間・荷物内容・1日の走行距離・配送件数・積卸の方法などの視点でも情報を加えましょう。

例としては次のようになります。

◆良くない例

アパレル商品の地場輸送です。大型トラックでの運行です。

◆良い例

大型のウィングゲートトラックに乗り、ドレスやスーツなどのアパレル商品をハンガーにつるしたまま輸送する仕事です。
東京から1都3県を中心とした地場配送で、1日平均100~150kmほどの走行です。
物流センターからセンターへの輸送で、カゴ台車で1ヶ所で積んで、そのまま1ヶ所へ納品することがメインです。
●軽いアパレル商品が中心でなので、積卸もラクラク行えます。
●夕方には配送完了するので、自分の時間や家族との時間もしっかり取れます。
●週休二日制。閑散期であれば土・日やあらかじめ決められた年休は確実に休みがもらえます。
●しっかりとした研修もあり、初心者の方も安心して仕事ができる環境が整っています。

いかがでしょうか、このように記載すると仕事のイメージがわきやすくなり、応募意欲も断然高くなります。
仕事内容の下に記載している、仕事の特長もポイントで、これにより、仕事内容そのものだけでなく、その仕事の魅力を訴求することができるようになります。

ぜひ、こちらの書き方を参考に、求人を見直してみてください。

次回の私の配信でも、続けてハローワーク攻略のポイントをお伝えします。
ぜひ参考にしてください。

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon