物流基礎 最新更新日:2022.04.12

物流管理とは?目的から実行する際の課題まで解説

物流管理とは、物流業務を効率化するために行う各種管理のことです。この記事では、物流管理について、その概要や実施する目的、実行する際の課題などについて解説します。また、物流管理におすすめのシステムについても取り上げているため、ぜひ参考にしてください。

物流管理とは?

-目的から実行時の課題まで解説-

物流管理とは

物流管理とは、輸送や保管、流通加工、包装、荷役といった物流業務を効率的に行うために行う管理のことです。具体的には、お客さまのニーズに沿った量、種類、時間、場所、価格で荷物を届けるために行う管理業務だと考えてください。物流管理を行うことで、合理的で効率的な物流ができるようになるため、物流管理は、企業活動の中で重要な役割を担っているといえます。

物流管理が注目を集める背景

近年になって物流管理が注目を集める背景には、物流市場の拡大が挙げられます。物流管理という考え方自体は以前からありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって通販の需要が大幅に増え、物流業務のあり方の見直しが求められています。これにより、物流管理に対する注目が高まっていると考えられます。
また、近年では、企業だけでなく個人もEC事業に取り組めるようになったことで、市場全体の物量がさらに増えたことに加え、集荷方法も多様化しています。このような状況に対応するためにも、適切な物流管理が求められています。

物流管理の目的

企業が物流管理を行う目的は大きく分けて3つあります。ここではそれぞれの目的について解説します。

1:業務効率化

物流管理を徹底して行うことで、業務効率化につなげることができます。例えば、管理が適切に行われていれば、どの商品をいつ、どのような形で誰に届けるのかといったことがすぐにわかり、円滑に配送準備を進められるでしょう。業務効率化が進めば、生産性向上にもつながるため、作業における無駄がなくなり結果的にコスト削減、長時間労働の抑制なども期待できます。

2:物流の品質向上

物流管理が適切に行われれば、物流品質の向上が期待できます。例えば、発注と発送で商品の種類や数は間違っていないか、欠品や破損はないかなどが事前にチェックされていれば、適切な商品を適切な状態で配送できます。
一方で、管理ができていないと、受注後に欠品に気づき配送までに時間がかかってしまう、不良品を届け返品対応など追加業務が発生してしまうといったことになりかねません。間違った商品の配送、傷のついた商品の配送などはお客さまからの信頼低下やクレームにつながるため、物流管理を通して物流品質の維持・向上に努めるべきでしょう。

3:コストの最適化

物流管理が徹底されれば、無駄なコストを削減できるため、コストの最適化につなげられます。例えば、在庫過多の状態は企業にとって管理の手間が増えるほか、保管スペースも余分に確保しなければならないため、コスト増大の要因となりかねません。物流管理を通して、適切な在庫数を把握していれば、このような無駄もなくなるでしょう。

物流管理の課題

物流管理を行うにあたっては、いくつかの課題があることを理解しておきましょう。ここでは、物流管理に伴い発生する具体的な課題について解説します。

誤出荷

物流管理を行うにあたっては、誤出荷が発生しないように注意しなければなりません。誤出荷は、商品の管理方法や出荷業務が統一されていないことで発生します。似たような商品がある、人によって出荷業務の流れが異なるといった場合は特に注意しなければなりません。誤出荷を回避し、適切な物流管理を行うためには、商品を管理する際に、品目や色などで識別しやすくすること、出荷業務のマニュアル化などが必要です。

在庫管理

在庫管理を行う際のルールが統一されていないと、担当者によって管理方法が異なり、正確な在庫がわからなくなる恐れがあります。在庫が把握できないと、欠品が発覚し、お客さまに迷惑をかけ可能性も考えられます。
在庫管理についてより詳しく学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

商品の品質

ピッキングとは、保管している商品を、出荷に伴い集める作業のことです。ピッキングを間違えると、お客さまのもとに間違った商品が届くこととなるため、ピッキング精度の維持・向上に努めることは物流管理において非常に重要です。例えば、人手によるピッキングではなく、ハンディターミナルを導入し、機械的にピッキングができるようになります。

リアルタイムでの情報共有

商品を出荷した後に、配送トラブルが発生する可能性はゼロではなく、そのようなときに、リアルタムでトラブルの状況を確認できるようにすることも物流管理においては非常に重要です。情報共有が遅れると、初動対応にも遅れが生じるため、指定された日時に商品を届けられない恐れがあります。このような自体を避けるためにも、配送管理システムなどを導入し、リアルタイムで配送状況の確認ができる体制を整えておきましょう。

物流管理にはシステムの導入を

物流管理を効率よく行うためには、システムの導入がオススメです。物流管理に活用できる主なシステムには、以下のようなものがあります。

  • ・WMS(倉庫管理システム)
  • ・TMS(配送管理システム)

ここでは、それぞれのシステムの概要について解説します。

WMS(倉庫管理システム)

WMSは、正しくは「Warehouse Management System」といい、頭文字をとってWMSと呼ばれています。これは、物流センター内の各作業の状況を一元管理するシステムです。物流管理に導入することで、商品の入出庫を行う際のスピードアップにつなげられるほか、在庫状況をデジタル確認できるため、出荷ミス防止にもつながります。

そのほかにも、WMSは、倉庫内の温度管理やロット管理などにも対応しているため、食品など温度管理が必要な場合にも活躍してくれます。

TMS(配送管理システム)

TMSは、正しくは「Transport Management System」といい、頭文字をとってTMSと呼ばれています。これは、商品が出荷されてからお客さまのもとに届くまでの配送状況を管理するシステムです。
敗走の際に使用する車の台数の割り当てや車の位置情報の確認などに対応しているほか、荷主ごとの運賃データの出力やドライバーの日豊作成なども行えます。
配送状況が適切に把握できれば、物流コストの削減が期待できます。また、ドライバーの稼働状況も把握できるため、ドライバーの生産性向上にもつながるでしょう。

ピッキング・仕分けシステムの選定にお悩みがある方はぜひこちらの記事も参考にしてください。

物流管理の方法

物流管理を行う場合、自社で行う方法とアウトソーシングする方法があります。
自社で行う場合、物流設備やそこで働く人員を手配しなければならないため、初期費用がある程度かかります。ただし、自社でやりやすい形で物流管理に取り組めるほか、物流管理に関するノウハウを蓄積することができます。

一方のアウトソーシングは、外部業者に物流管理を委託することとなるため、自社の負担はほとんどありません。在庫管理や出荷作業、ドライバーの調整なども任せられるため、業務効率化につながるでしょう。ただし、委託先によっては対応していない業務があるほか、自社にノウハウを蓄積しにくいといった点に注意が必要です。

物流アウトソーシングを検討されている方はぜひ以下の資料もご参考ください。

まとめ

今回は、物流管理についてその概要や目的、物流管理を行う際の課題などについて解説しました。物流管理とは、物流業務を効率的に行うために取り組む各種管理のことです。物流管理が適切に行われることで、業務効率化やサービスの品質向上、コスト削減などにつなげられます。特に、近年はEC市場が活発であるため、適切な物流管理を行うことは必要不可欠です。自社で対応しきれない場合は、アウトソーシングの利用も検討してみてください。

おすすめ情報

サービス/物流センター自動化・省力化(マテハン導入)

概要
船井総研ロジ独自の精緻な倉庫現場分析を基に、物流センターの業務に効果的で自動化・省人化に最適なマテハンの導入、倉庫作業の設計を総合的に支援します。
詳細
https://www.f-logi.com/ninushi/service/materialhandling-introduced/

サービス/物流センター・倉庫トータルサポート

概要
委託先の物流事業者が増えすぎると物流費用が適正なのか判断がし辛い状況となります。事務処理が非常に煩雑となり、契約や依頼行為、請求処理など手間が掛かる点を、解消致します。
詳細
https://www.f-logi.com/ninushi/service/outsourcing-overall/

Pen Iconこの記事の執筆者

Logiiiii編集部

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!