物流経営コラム 2021.10.06

今こそ、若い人材を確保しよう-10歳の若返りに成功した事例-

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス

ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

物流企業の共通課題=ドライバーの高齢化

多くの物流企業がドライバーの高齢化に対して、課題を感じていると思います。

何もしなければドライバーの平均年齢は上がり続け、5年後10年後には20%~30%以上の戦力を失うという会社が全国各地でいらっしゃいます。

若年層の労働力確保で若返りをはかる

では、どのように若返りをはかっていくか。
それは、単純に20代や30代といった若年層の労働力を確保することです。

実際に、若年層の労働力を上手に確保し、10歳若返った物流会社があります。
その会社様は、若者の価値観をよく理解し、若者の強みを活かして組織づくりを行なっています。
今の若者はデジタルネイティブ世代と言われ、スマートフォンなどのデジタルデバイスに強い世代と言われています。
今後ますます、デジタルシフトをしていかねばなりませんので、若い人材を確保していくことがとても重要になります。

10歳の若返りに成功した具体的な取り組み内容

では、どのような取り組みをすればよいか、実際に10歳の若返りに成功した企業が行なった具体的な取り組みは以下です。

1.週休3日制の仕事を作る
2.制服をリニューアルする
3.TikTokやインスタなど若い人が使うSNSで情報発信する
4.Youtubeを使い、会社の情報を発信する

何もしなければ必ず毎年1歳平均年齢が上がってしまいます。
ぜひ、何か行動を起こしてみてください。

中小運送会社の経営者のみなさまに、日々役立つ情報をお届けしています。資料は無料でダウンロードすることができるので、ぜひご活用ください。

2024年に向けて、物流業界が直面する課題整理とこれからの人事制度のあり方(square)
2024年に向けて、物流業界が直面する課題整理とこれからの人事制度のあり方

管理職は、会社と従業員をつなぐ重要なパイプ役を担います。

会社の労務管理の基本である就業規則を正しく理解し、従業員の権利を脅かすことなく、また義務を果たしてもらうよう働きかけることは、管理職の重要な役割です。

当社は、次世代の経営幹部・管理職を育成するために管理職を対象とした12回シリーズの研修を開催しています。

また、当社では、運送業に特化した人事制度構築のコンサルティングを行っています。
無料相談も受け付けておりますので、いつでもご相談ください。

経営相談に申込む

オンラインでの経営相談をご希望の方はこちら

当社では運送・物流企業の経営者のみなさまにご活用いただける動画も公開しています。
他にも役立つコンテンツも多数、ご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

https://youtu.be/7cPDFFv9uv4

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

おすすめ情報

コロナ禍の大混乱を契機に2025年のグレート物流企業づくりをはじめよう!

資料ダウンロード/2025年のグレート物流企業づくり

概要
2025年を見据えて、今、物流企業がしておかなければならないことについて解説しています。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/great-logistics-co2025/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

高橋 竜二

船井総研ロジ株式会社 エグゼクティブコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!