赤峰誠司の物流魂 2021.01.07

2021年物流業界の最新動向~ブラック荷主の定義は固まった!~

新年早々、厳しい立ち上がりとなり、今年もウィズコロナを前提にあらゆる想定が求めらる丑年となりました。

今号は、2021年の物流業界における”時流予測”を頭出しでお伝えします。

なお、時流予測のより詳しい解説はFunai物流オープンカレッジ1月開催にてお話します。オンライン動画視聴開催ですので、お申込みはまだ受付中です。

2021年物流業界の最新動向

(1)運賃市況の乱高下とその動向
・2021年の運賃相場について予測解説いたします。

(2)物流BCPの再定義
・ポストコロナにおける物流BCPについて解説致します。

(3)荷主が進める物流DXとは
・荷主物流部がやらなくてはならない物流DXについてお伝えします。

(4)物流会社が取り組む物流DXとは
・物流会社が取り組まなくてはならない物流DXについてお伝えします。

(5)国交省お墨付き”標準的な運賃”をどう扱う
・標準運賃タリフをどう扱うのか?荷主と物流会社の両視点でお伝えします。

(6)ロジスティクスの価値転換(バリューコンバーション)が始まる
・物流業界における価値転換(バリューコンバーション)について解説します。

(7)物流センターの勝ち組モデルとは
ローコスト、高収益物流センターの勝ち組モデルについてお伝えします。

(8)荷役分離のスタンダードモデル
・”ドライバーファースト”荷役分離は今年から始まります。

(9)地方共同化は不可避な物流事情
・ローカル物流について今後どうあるべきかをお伝えします。

(10)究極の配送効率向上、配送コストダウン策とは
・目指すべき配送サービス、配送体制についてお伝えします。

(11)梱包ケースの規格化がコストダウンの決めてとなる
・規格化、基準化、標準化が物流コストダウンの決めてとなります。

(12)ブラック荷主の定義は固まった!該当荷主は要注意!!
・ポストコロナにおける”ブラック荷主”の定義が概ね固まりました。Twitterフォロワー1万人を超える筆者が生のドライバーの声を事例にブラック荷主の定義をお伝えします。

   

今回の講演は、かなり踏み込んだ内容でお伝えします。全ての物流に関わる皆さまへ向けた激熱なメッセージです。この講座を視聴して激動の2021年、時流に取り残されないように邁進しましょう。

Funai物流オープンカレッジの参加方法、詳しい講座内容については下記セミナー詳細ページをご確認ください。

おすすめのダウンロードコンテンツ

荷主企業向けコンテンツ

ダウンロード資料/7割経済時代の物流戦略

概要
物流業界における変化の中で荷主企業が考慮すべきポイントから、7割経済時代の物流戦略再構築を考える上でのヒントをご紹介します。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/know-how/logisticsstrat-in-the-70pct-economic/

物流企業向けコンテンツ

ダウンロード資料/2021年最新業界動向と物流企業の成長戦略

概要
新型コロナウイルスは、業種別物量や運賃相場にどのような影響を与えるのか?年初の経営計画策定にぜひお役立てください。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/2021logistics-strategy-forecast/
船井総研ロジのメールマガジン

Pen Iconこの記事の執筆者

赤峰 誠司

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon