物流ノウハウ 2020.11.12

7割経済時代の物流戦略(PDFダウンロード)

7割経済時代の物流戦略

7割経済時代の物流戦略とは?

従来の物流戦略のままではロジスティクス構造が非効率を招き、企業の利益構造に大きな影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン開発は間近との報道もありますが、特効薬の開発は数年先とも言われています。コロナ禍における「7割経済」が続く以上、ビジネス・事業を展開する企業は、感染対策に加え、ニューノーマル時代に適した物流戦略策定・ロジスティクス再構築に取り組む必要があります。

このコロナに関連する不況は、売り上げ激減という一過性の現象ではなく、回復までに数年を要するといわれています。

そのため、「7割経済下」で企業活動をこれまで通り維持するには、「生産性の向上」が必須です。物流視点でコストを抑制する施策を検討すると、輸配送と倉庫作業における単価の見直しは今の時期実行性が乏しいのが実情です。

そんな中でも、動きが早い企業はすでに新しい物流体制の構築に移行を始めています。さて、貴社のロジスティクスは7割経済時代にむけた方向性が見えているでしょうか?

本資料では、物流業界における変化の中で荷主企業が考慮すべきポイントから、7割経済時代の物流戦略再構築を考える上でのヒントとなる情報を詳しく解説しています。

内容

7割経済時代の物流戦略

7割経済時代の物流戦略を考えるうえで重要な下記の項目について解説しています。

・総在庫保有量(調達~社内~販売)の圧縮
・在庫拠点配置の見直し
・7割経済時代の輸配送
・7割経済時代の保管
・物流戦略再構築の必要性

物流コンサルの船井総研ロジ

船井総研ロジ株式会社は物流に特化したコンサルティング、コミュニティ、ネットワーク、データベースを4軸に、お客様が必要とするLogistics SolutionをOne Stopでご提供しています。

船井総研ロジの4軸(コンサルティング、コミュニティ、ネットワーク、データベース)