物流用語辞典 最新更新日:2022.05.10

トレーサビリティ

トレーサビリティとは、「追跡管理」あるいは「追跡可能性」と訳されており、食品などの生産・加工・流通各段階でさまざまな情報を追跡できることを表す。

これまで商品の追跡管理はPOSに代表されるように一次元バーコードに限定され、情報量は英数字10数文字程度に限定されていた。
しかし最近では二次元コードや電子タグ(無線でデータを読み書きできるアンテナ付のICチップ)の技術が急速に進歩したことで、大容量の情報管理が可能になり、現在では食品業界を中心にさまざまな実証実験が行われている。

関連するコンテンツ

・コラム「トレーサビリティとは?物流業界に必要不可欠な考え方の概要を解説」
https://logiiiii.f-logi.com/series/basiclogi/traceability/

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 トレーサビリティや運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。

関連記事