物流用語辞典 2017.03.04

定量発注方式

発注点(その在庫量を切れば発注を掛けると予め決定した在庫水準)を下回った時点で一定量の発注を行い、適正在庫量を保つ方式をいう。

需要予測を必要とせず、コンピュータによる発注の自動化も容易である。

あまり高価でなく需要変動幅が小さい品物の発注に適している。