物流用語辞典 2018.07.01

建値制

メーカーが、卸問屋、小売店別に個別商品の販売価格を指定する制度のこと。

この仕組みでは、商品に定価や希望小売価格が付けられ、小売店は実際にその値段で販売したり、それを基準に一定の割引で販売したりする。

建値維持の強制は特別な場合を除いて独占禁止法で禁止されている。