物流用語辞典 2017.03.04

単品管理

小売業者が販売する商品管理手法のひとつ。

その販売状況や在庫状況を的確に把握して管理すること。小売業において、非常に多くの品目の商品を管理するのは煩雑な作業であった。

たとえば、小売業者はメーカーごとに異なる複数のブランドのワイシャツを販売するが、一つのブランドだけでもサイズ別に分かれて、さらにカラー別に分かれている。 小売店が取り扱っている商品のアイテムは、同一ブランドでもサイズ数とカラー数をかけた分だけ存在している。

単品管理をすると、何色でどのサイズの商品が売れているかがわかり、店頭にない場合、ない色とサイズの商品を発注して補充することになる。それぞれの最小単位を捉えて管理することが単品管理である。