物流用語辞典 2018.07.01

倉庫業法

日常生活や産業活動に欠くことのできない重要な商品や物資の安全な保管を通じて適時、適切に物資の安定供給を図る物流の結節点としての重要な役割を担う事業のこと。

倉庫業を運営するにあたり、1956年に制定された倉庫業を規制する事項を定めた法律を倉庫業法という。

倉庫業には登録を要するものと要さないものがある。