物流用語辞典 最新更新日:2022.11.28

P2P(Procure-to-Pay)

企業が事業活動を行うために必要なモノやサービスを購入するプロセスのことを指す
具体的には、購買依頼や発注、受入、支払い、会計処理を行う一連のプロセスである。このP2P(Procure-to-Pay)プロセスをデジタル化するソリューションが数多く登場しており、効率的に購買オペレーションを進める事が可能になっている。

関連するコンテンツ

サービス「物流コンサルティング」
https://www.f-logi.com/ninushi/service/logisticsconsulting/
サービス「物流システム・IT開発委託先コンペ」
https://www.f-logi.com/ninushi/service/competition-wms/

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 P2P(Procure-to-Pay)や運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。

関連記事