物流用語辞典 2017.07.01

納品代行

量販店や百貨店への納品において、特定の輸送業者が複数の発荷主から集荷して、店舗ごとの納品を発荷主に代わって実施することをいう。

輸送業者は集荷後に自社センターで検品、タグ付け、仕分けを行うため、発荷主側の物流人件費の削減等に効果がある。

また特定の車両による一括納品によって、納品先においても荷物受け入れの際の業務簡素化の効果がある。