物流用語辞典 2017.07.01

海上コンテナ

貨物を積み込む大型の箱で、 鉄製で直方体のものが多い。

大きさが規格化されており、船やトレーラーへの積み込みがクレーンでできるため輸送効率が良く、世界中で普及している。

船舶輸送用のコンテナで、外航船に使われる国際大形コンテナと、内航船に使われる内航コンテナがある。

国際大形コンテナは、ISO(国際標準化機構)が寸法と最大総重量を定めており、いずれも幅および高さ8フィートで、長さが20フィートと40フィートの2種類が一般的に使われている。