物流用語辞典 2017.03.04

検品

発注した商品が、品質・数量・種類について注文通りに揃っているかを検査すること。

従来型の方法は、伝票と現物をチェックする「目視検品」であるが、貨物の多頻度少量化トレンドの中で、入出荷精度向上・作業コスト低減等を目的として、システム導入が進んでいる。

バーコード検品がその主流であり、商品に貼付されたバーコードをハンディターミナルにより読み取り照合する方法や、POS端末による検品等がある。