物流用語辞典 2017.07.01

JANコード(Japanese Article Number)

共通商品コードシンボル。国際規格(EAN)準拠の日本独自規格のバーコード。日本で最も普及しているバーコードである。

4種類の太さのバーとスペースで構成され、13桁のもの(標準タイプ)と短縮された8桁(短縮タイプ)の2種類がある。13桁のJANコードは、国コード2桁、商品メーカーコード5桁、商品アイテムコード5桁、チェックデジット1桁の構成になっている。

小売されている商品の大半がこのバーコードを使用している。