物流用語辞典 最新更新日:2022.05.10

DtoC(D2C)

DtoCとは、Direct-to-Consumerの略で、自ら企画、製造した商品をどこの店舗も介すことなく自社のECサイトで直接顧客へ販売するビジネスモデルのこと。 『D2C』と表記することもある。
D to Cは、製造から販売まで一貫して自社で行うという点においてはSPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)と類似したビジネスモデルと言えるが、SPAとの最も大きな違いは、店舗での販売を行わずに自社運営のECサイトで顧客にダイレクトに販売するビジネスモデルからスタートしているという点である。
仲介業者を挟むことなく企画から製造・販売までをすべて自社で行うことで、無駄なコストを排除し、より価値の高い商品の提供を可能にしている。

関連するコンテンツ

・物流用語辞典「BtoC」
https://logiiiii.f-logi.com/terms/b-to-c/

・物流用語辞典「SPA」
https://logiiiii.f-logi.com/terms/speciality-store-retailer-of-private-label-apparel/

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 DtoC(D2C)や運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。

関連記事