物流用語辞典 2017.07.01

営業区域

一般貨物運送業において営業許可の対象となっている地域のことである。

基本的に都道府県単位に設定されていたが、規制緩和措置の一環として、複数の都道府県にまたがる拡大営業区域に変更された。

トラック運送業者はこの営業区域の中で営業活動が認められている。

具体的には、営業区域内の荷主の貨物を全国に輸送できるが、他の地域からの帰り荷の荷主は同じ営業区域内にある着荷主でなければならない。