物流用語辞典 2017.03.04

BCP(Business Continuity Plan)

企業が、災害や事故、パンデミックなど予期せぬ事態の発生により操業度が許容限界を超えてしまい、企業活動が寸断される事態になった際に、重要業務への影響を最小限に抑制し、早期復旧を行うための行動計画、経営方針のこと。

事業継続計画策定にあたっては、まず事業の優先順位を明確化し、重要事業の選定、および復旧にむけた推進体制・許容される対応時間の設定を行う。

これによって、予期せぬ事態が発生した際にも可能な限り短時間で重要事業を復旧し、中断による自社資源(人材や設備など)へのダメージや顧客流出などサービス供給への影響を最小限に抑制することを目的とする。