物流用語辞典 2017.07.01

バーコード

縞模様状に並んだ太さが異なる縦線の組み合わせによって、文字、数字、記号などの情報を記録/表現する識別コードをいい、1次元方向の読み取りのみ意味を持つ。

世界には多くの規格が存在し、日本のJANコードもこの一種である。

他にはドットを二次元に羅列することでより多くの情報を記録/表現できる2次元バーコードも普及が進んでいる。