物流用語辞典 最新更新日:2020.06.11

3PL(Third-party logistics)

サードパーティーロジスティクス(third-party logistics)の略。

荷主企業(ファーストパーティー)と輸送会社もしくは卸売業・小売業(セカンドパーティー)に対して第三者である利用運送を駆使し、荷主側の物流を全面的に代行する事業者を指す。

荷主企業の物流業務を深く分析し、その内容に最適な物流拠点、輸配送、作業等を検討し、必要な物流手段を手配し、業務を遂行する。

契約後に達成されたコスト削減効果は3PL業者と荷主に還元される契約が一般的である(荷主企業、サードパーティー双方でコスト削減効果=利益を分かち合うゲインシェアリング方式)。

ロジスティクスサービスを荷主に対し、その立場に立って戦略的に提供する事業者を活用することを意味する。

日本では、荷主に対して、物流改革を提案し、包括して物流業務を受託する新しいサービスとしてとらえられている。

一括元請けや一貫物流などは、3PLとは目的や性質が大きく異なる。

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 3PL(Third-party logistics)や運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。

関連記事