トップの視点 2020.08.02

社員の限界意識を取り除く方法

出版不況の中、ミリオンセラーを連発する出版社、サンマーク出版では、『大ぼら目標発表会』なる恒例企画が、年始の年度方針発表会で開催されているそうです。

社員全員が、文字どおり”大ぼら”の「今年はこうします」という大目標を発表する会です。

中には、本人や聴いている他の社員が笑い出すほど大きな話も、出てくるそうです。

なぜ、そんな発表会を催しているのでしょうか?

社長の植木宣隆氏は、この発表会の目的を「社員の限界意識を取り除くため」と説いています。

大きく考えれば考えるほど、自身の持つ限界のバーは上がっていくのです。

この発表会の目的は、大きく考えるクセ付けということでしょう。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon