トップの視点 2020.05.13

テレワークの必須ツール

3PL企業のS社は、コロナ禍を機に、管理・事務部門の全社員の執務形態をテレワークに切り替えました。

当初は、個々の業務の状況が視えなくなるという心配もあったそうです。

しかし、進めてみると、デジタルツールを活用すれば、全く問題がないことが判ったとのことです。

S社の経験から判った、テレワーク推進のために最低限必要なデジタルツールは、以下の2つです。

①オンラインミーティングツール(Zoom、Teams、GoogleMeetなど)
②チャットツール(Chatwork、Talknote、Slackなど)

①は、理解できると思います。

ポイントは、②です。

チャットツールには、たいていタスク機能があります。

この機能によって、それぞれが持っているタスクの内容、件数、消化状況(未完了・完了)を見える化することができ、仕事の連携力が高まるのです。

この他、もちろん会計や労務といった職種によって、導入すべきクラウドツールはあるでしょう。

ただし、共通の必須ツールは、上記の①、②です。

これらのツールは、テレワークを導入しない企業でも、大きな効率化の効果を得られますが、テレワークなら必須のものでしょう。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon