トップの視点 2020.03.16

人たらしの名人

以前、船井総研グループ創業者、舩井幸雄の自宅へ、プロ棋士の羽生善治氏が訪ねてきたときのお話です。

その後、1週間足らずの間に、羽生氏から3通に分けた分厚いお礼状が送られてきたとのことです。

舩井幸雄は、「彼は、相当な人たらしの名人だと感じた」と言っていました。

これは、絶賛の言葉です。

①すぐにお礼状(サンキューレター)を出す
②相手が喜ぶ様式で出す
③相手が喜ぶ内容で出す

いわゆる『レター法』です。

縁の力を引き出してつきを得る効果は絶大ですが、なかなか実践できる人はいません。

だからこそ、ぜひ実践していきたいものです。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon