トップの視点 2020.03.11

リーダーの人間観

組織の特性は、リーダーの人間観によって決まります。

「組織は、トップで99%決まる」(by 舩井幸雄)という所以です。

人間性心理学の生みの親、アブラハム・マズロー博士は、世のすべてのリーダーに向けて、「鏡に映った自分の姿を見つめ、以下の質問を自らに問え」と訴えました。

①人間は、信頼に値すると信じているか?
②人間は、責任や義務を担おうとするものであると信じているか?
③人間は、仕事に意義を求めると信じているか?
④人間は、生まれながらに学習欲求を持っていると信じているか?
⑤人間は、変わることには抵抗しないが、変えられることには抵抗すると信じているか?
⑥人間は、怠惰よりも働くことを好むと信じているか?

リーダーの人間観は、マネジメントの姿勢に影響を及ぼします。

マネジメントの姿勢が、組織の特性を決めることは、言うまでもありません。

ぜひ一度、上記質問について、社内のリーダーを集めて、グループディスカッションをしてみてください。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon