トップの視点 2020.02.17

ブレストより効率的なミーティング法

経営学の研究で、「ブレーンストーミングは、アイデアを出す上では、必ずしも効率がよくない」ということが、判っているそうです。

理由は、「どうしても他人に気兼ねして、大胆な意見が出にくいから」「他人が話している間は、話を聴かなくてはならず、思考が停止してしまうから」などです。

それでは、どのようなミーティングをすれば、効率的に成果が出るのでしょうか?

それは、メンバーそれぞれが、あらかじめ個別にアイデアを出し、それらを素に議論するというやり方です。

この方が、アイデアの量も質も高くなるという傾向が、多くの実証研究で示されているとのことです。

課題解決のためには、いきなり集まってブレストするのではなく、あらかじめ皆で案出ししておく進め方をしましょう。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon