トップの視点 2020.02.11

参謀に向いている人

「どういう人が、参謀に向いているか?」

野球界の名将、野村克也氏は、「監督にとって、よいコーチは『監督の意見を汲み取ってくれる人』ではない」と述べ、その条件を示しています。

曰く、「組織に本当に必要なのは、言いにくいことを素直に口にしてくれる人だ」。

なぜなら、傍らにイエスマンを置くと、トップが間違った方向に舵を切ってしまったときに、間違いなく沈没してしまうからです。

野村氏は、「監督に意見が言えるということは、それなりの裏付けがあるからだ」と言います。

しっかりした裏付けがあるのは、プロである条件でしょう。

プロ参謀は、トップとは違った視点で裏付けを採り、意見を具申するのが仕事なのです。

心から尊敬するリーダーの野村克也氏が、お亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon