トップの視点 2020.01.07

品質検査済み

関西売上ナンバー1のクリーニングチェーン、ノムラクリーニング(本社:大阪府八尾市)では、クリーニングの終わったワイシャツの返却時に、『品質検査済証』を添付しています。

この札には、次のような項目について、『ワイシャツ検査員』が検査を実施し、出荷している旨が書かれています。

〈徹底した検査項目〉
①エリの形が適正な部分で折り返しできているか?
②エリのプレスシワ、生地よれがないか?
③肩のプレスシワがないか?
④ポケットのプレスシワがないか? ポケット内のタバコや紙くずは取り除かれているか?
⑤前たての歪みはないか?
⑥胴部にかかる腕部のプレスシワがないか?
⑦カフスのプレスシワがないか?
⑧手首まわりタック付近のプレスシワがないか?
⑨背中全体、タック付近のプレスシワがないか?
⑩乾きによるプレスシワがないか?
⑪ボタンの取れ、取れかけ。割れはないか?
⑫仕上げ指示(立体またはたたみ) (ノリなしまたはノリ硬め)は守られているか?

個人的には、⑪のボタンの不具合があったときは、「替えボタンを無料で付け直す」との併記に、感心しました。

その上、品質検査印として、ワイシャツ検査員個人の印が押されています。

この内容は、品質に対しての顧客の信用を得るのに、非常に効果的でしょう。

ここまでしてくれるのなら、安心できます。

『品質検査済証』は、他業種でもぜひ採り入れるべきノウハウです。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon