トップの視点 2019.12.22

投資家が絶対に投資しない会社

プロの投資家が、『絶対に投資しない会社』の条件とは?

それは、「ホームページやSNSなどで、経営トップが何も情報を発信していない、あるいは顔を出していない企業」だそうです。

なぜなら、そういう企業は、「表に出たらマズイことが、裏にあるからではないか?」と思われるからです。

投資家にとって、経営トップが、Web上で情報を発信しているということは、「私は、この会社の業績に責任を持っています」という表明なのです。

なお、これは今や、金銭的な投資にだけ当てはまるルールではありません。

自身の最も貴重な”時間”を投資する、求職者にとっても、同じでしょう。

十分以上のリソースを得るためには、会社の顔である経営トップの覚悟が、しっかり視えるようにしなければなりません。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!