物流経営コラム 最新更新日:2022.08.05

SNSを活用した若手採用戦略

【無料ダウンロード】物流企業のための新卒採用~大卒採用 基本編~

年代別 1日あたりのSNSの使用時間

総務省が公表している「令和2年度 情報通信白書」の「モバイル機器によるインターネット利用項目別平均利用時間」によると、20代と40代でSNSの使用時間に3倍以上の差があることがわかります。

具体的には、下記の通りです。

平日:10代で70.5分、20代で80.3分、30代で39.5分、40代で25.4分
休日:10代で81.7分、20代で108.9分、30代で42.4分、40代で25.1分

という結果でした。

就職活動におけるSNS活用

また、マイナビ社の「就職活動において実名を伴ったソーシャルメディア・SNSをどの程度、活用したいですか」というアンケート調査では「SNSを活用したい」と答えた求職者が10年間で3倍以上に増加しています。

つまり、若手人材の応募を獲得するにはSNSの活用が有効な施策であるといえます。実際、物流業界でもSNSを活用した採用成功事例がでてきていますので、紹介したいと思います。

成功事例1 Instagram×トラック

ある運送会社では「かっこいい」「目立つ」デザインのラッピングトラックをInstagramに投稿したところ、20代求職者からの応募が増えました。

また、地域イベントをラッピングしたトラックをSNSに投稿した結果、応募が増えたという例もあります。

なお、Instagramでの投稿では、#(ハッシュ)タグを付けて投稿することが重要です。

#タグを投稿につけることで、検索でヒットしやすくなり、閲覧数が増える傾向があります。

例えば、トラックに興味ある人に投稿を見てもらいたい場合は、「#トラック」「#かっこいいトラック」「#トラックドライバーと繋がりたい」などがトレンドのタグのようです。

成功事例 2 TikTok×トラックドライバー

事務員さんがドライバーと一緒に撮影した動画をTikTokで投稿した結果、応募数が増えた事例があります。

実際、応募者の方から「TikTokを見ました」と声をいただいているそうです。こちらも、Instagramと同様に#タグを付けることで、さらなる応募数増加につながります。

SNSは若手ドライバーの採用に効果的な施策です。積極的に活用していきましょう。

無料DL/物流企業のための新卒採用

概要
新卒(大卒)人材の必要性、大卒採用市場の概況について、くわしく解説。新卒採用を積極的に進めたい方は、ぜひダウンロードください。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/dl_daisotsusaiyou-kihon/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

Pen Iconこの記事の執筆者

takuma kajiwara

船井総研ロジ株式会社

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!