物流経営コラム 2021.01.27

運送業で副業・兼業を認める際の注意点

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス

ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

貴社には副業・兼業を希望する声があるでしょうか?

副業・兼業に関する調査によると、副業者比率(有業者に占める副業がある者の割合)は4%(約267.8万人)になっています。次に、副業をしている人の本業の所得階層別をみると、299万円以下の階層で全体の約3分の2にのぼります。また、割合でみると、高所得層と低所得層の二分化傾向にあります。(出典:総務省統計局「平成29年就業構造基本調査結果」)

厚生労働省が発表した「副業・兼業の促進に関するガイドライン」によると、長時間労働、健康管理、秘密漏洩といった課題があることも指摘しつつ、「労働者が社内では得られない知識・スキルを獲得することができる」「優秀な人材の獲得・流出の防止ができ、競争力が向上する」など、企業にもメリットがあるとして、副業・兼業を推進する方針を示しています。

ドライバー職における副業・兼業

ただ、ドライバー職は時間外労働への対応が課題となる中、手放しに副業・兼業を進めることは危険を伴います。特に、本業が別にある方を採用する場合は、労働時間の通算といった労務管理義務はもちろん、自社の労働に対して、すべて時間外労働割増が発生する可能性もあります。

まずは、自社の就業規則でどのような扱いになっているか確認してみましょう。まだ、就業規則に定めのない場合、何かトラブルが起きても、会社は権利を主張できない可能性が高く、規程の追加が必要です。ただし、国の方針に照らすと、労働時間外の時間をどのように利用するかは労働者の自由であるため、「禁止」ではなく、「許可制」や「届出制」により認めることが求められています。

さいごに

当社は物流企業に特化した経営コンサルティングサービスを提供しています。上記で紹介した人事評価賃金制度に関する取り組みのほかにも、新規荷主獲得(マーケティング)、デジタル化、採用・定着、中期経営計画の策定など、物流企業の業績アップをご支援しています。

まずはお気軽にご相談ください。

経営相談に申込む

運送・物流会社向け評価賃金・人事制度構築コンサルティング|船井総研ロジ株式会社

労務リスク診断

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』お願いいたします。

友だち追加

おすすめ情報

サービス/運送・物流会社向け評価賃金・人事制度構築コンサルティング

概要
最低賃金割れ・賃金未払い訴訟などの「労務リスクチェック」、就業規則・賃金規定などの各種規程アドバイスなど、法令遵守を徹底できる体制の構築が可能です。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/assessment/

サービス/労務リスク診断

概要
賃金未払い訴訟・労働基準監督署調査 対策できているつもりになっていませんか?トラック運送業の人事労務に特化したコンサルタントがアドバイスいたします。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/item_diagnosis/labor-risk-diagnosis/

テキストダウンロード/労務倒産に備えるこれからの運送業の人事制度

概要
賃金体系見直しのポイントや評価制度で社員のモチベーションを上げる方法を解説しています。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/personnelsystem202004/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/
船井総研ロジのメールマガジン

Pen Iconこの記事の執筆者

多田 沙織

船井総研ロジ株式会社

その他の記事を読むArrow Icon