物流経営コラム 2021.03.04

管理職会議のすすめ~運送会社が売上3億の壁を超えられない理由~

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス

ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

本日は、運送会社が売上3億円の壁を越えられない理由と、その壁を超えるための管理職会議の実施ポイントをお伝えします。

運送会社が売上3億円の壁を越えられない理由

管理職会議を今まで実施したことがない、もしくは管理職会議を実施しているが管理職のレベルが上がらずに悩んでいる会社は多いのではないでしょうか。

全国の運送会社は、約8割が売上3億以下の会社です。多くの運送会社が売上3億の壁をなかなか越えられない理由として、社長依存の経営体質になってしまっているということがあげられます。

社長のワンマン経営では、トラック台数30台、売上3億までが限界です。社長依存の経営体質から脱却するためには、営業、社員マネジメントを任せられる管理職の育成が非常に重要な要素です。

管理職会議のススメ

そこで、管理職育成の一環として、管理職会議を活用することをお勧めします。

管理職育成のための管理職会議のポイントは以下の2つです。

1.他の管理職の発表のときも、アドバイスや質問など必ず1回は発言をしてもらう

発言の機会の多さは、会議に対する集中力、吸収力に比例します。

2.自らの気づきや学びをアウトプットする場を用意する

日報などで会議での収穫をアウトプットする場を設けることで、インプットの質が格段に上がります。その際には、会議での内容を具体的にどうアクションに落とし込んでいくかを必ず記載してもらいましょう。

管理職会議の議題・テーマ

管理職会議は事故報告、営業報告、ドライバー状況の報告などで話が終わってしまいがちですが、報告だけではなく、管理職同士で意見を出し合うような場を用意していただければと思います。

例えば、どうすれば営業が効率化できるのか、社員の定着率を上げるにはどうすればよいかなど、議論しなければならないことは実は多くあります。

社長依存の経営体質から脱却し、売上3億円の壁を越えていくためにも、是非管理職会議に力を入れてみてはいかがでしょうか。

業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!

人材育成に関する悩みをお持ちの物流企業を対象にした研究会のご案内です。業界の今後の流れや対策、明日から実践できる先進物流企業の具体的な取り組みを学べる会となっております。現在、北海道から鹿児島まで、約300社の企業様にご参加いただいています。ぜひ、学びを深め、共に「社員が誇れる物流企業」を創りましょう!

2019年撮影 https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

当社は物流企業に特化した経営コンサルティングサービスを提供しています。上記で紹介した人材育成に関する取り組みのほかにも、営業戦略・マーケティング施策や採用、デジタル化、中期経営計画の策定など、物流企業の業績アップをご支援しています。

まずはお気軽にご相談ください。

経営相談に申込む

物流会社向け経営コンサルティング|船井総研ロジ株式会社

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』お願いいたします。

友だち追加

おすすめ情報

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/
船井総研ロジのメールマガジン

Pen Iconこの記事の執筆者

松尾 一志

船井総研ロジ株式会社 シニアコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon