物流経営コラム 最新更新日:2022.03.08

物流企業のAX(アナログトランスフォーメーション)

【無料】物流デジタル化 “はじめの1歩”セミナー|船井総研ロジDXコンサルタントが解説

AXとDXの違い

AX(アナログトランスフォーメーション)とは、一般用語ではなく船井総研グループの造語です。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は「”デジタル”技術で世の中をより良いものにする」、AX(アナログトランスフォーメーション)は「“アナログ”技術で世の中をより良いものにする」とセットで考えるとわかりやすいと思います。

AXをさらに分かりやすく言うと、「現行業務のマニュアル化・標準化」です。今回、とくにお伝えしたいことは、「成果がでるDX」のためには、AXが重要だということです。

物流企業の運行管理AX事例

配車・運行管理業務の課題

配車・運行管理に紙やエクセルを使っている会社はまだまだいらっしゃると思いますが、複数人いる配車マンがそれぞれ自分が使いやすいフォーマットで作成していて、他の配車マンや拠点に共有されていないというケースが多いです。

結果、配車・運行管理が属人的になってしまい、経験・スキルに個人差がでたり、データの集約が困難になったりします。

そういった理由もあり、クラウド配車管理システムを導入して、DXを目指そうとしている企業は多いのではないでしょうか。

まさに、その時に重要なことが、AXです。

配車・運行管理業務のAX

配車・運行管理業務のAXとは、下記のようにアナログでやっている業務を、アナログのまま整理するということです。そして、これこそがDXの第一歩となります。

・バラバラに作っているフォーマットを全社で標準化する
・標準化の過程で各担当からの声を吸い上げ、誰もが納得のいくものを作る
・データ集約や分析など、DXで実現したいことがアナログのまま実施可能か確認する

AX(アナログトランスフォーメーション)の重要性

現状の業務を理解し、整理することができなければ、たとえ最新のデジタルツールを導入したとしても、各々が好き勝手使ってしまうことは容易に想像がつきます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)成功の基本かつ最大のポイントは、AX(アナログトランスフォーメーション)です。

ご理解いただき、ぜひ皆さまの会社でも実践してみてください。

下記は、船井総研ロジのDXコンサルタントが講演予定のセミナーです。セミナーは、無料で参加いただくことができます。これから「デジタル化・DX」を本格的に進めたい方におすすめのセミナーです。ぜひ、ご参加ください。

物流デジタル化 "はじめの1歩"セミナー|船井総研ロジ株式会社

また、当社では、運送業に特化したコンサルティングを行っています。無料相談も受け付けておりますので、いつでもご相談ください。

経営相談に申込む
オンラインでの経営相談をご希望の方はこちら
コンサルティングサービス一覧

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

おすすめ情報

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!