物流経営コラム 最新更新日:2023.01.24

わが社の管理職がリーダーシップを発揮できない理由

自社の管理職に対して悩みを抱えている経営者も少なくありません。
本コラムでは管理職に必要な「リーダーシップ」をテーマにお話しします。

指導力・人材育成力が弱く、部下が育たない

「リーダーシップが発揮できないので、管理職にすることができない」といった悩みをお持ちの経営者は多いと思います。

しかし、これは、「リーダーシップは生まれ持った能力で、リーダーには人を惹きつける能力が必要だ。」といった誤解から来ることが多いようです。

また、リーダーシップは組織を導く人(リーダー)と導かれる人(フォロワー)の関係性を示すもの(導く側からみたものがリーダーシップ、導かれる側からみたものがフォロワーシップ)であるにも関わらず、リーダー個人の力量について言及されることも多いです。

ここで、シチュエーショナル・リーダーシップ理論(SL理論、状況対応型リーダーシップ)を紹介いたします。

シチュエーショナル・リーダーシップ理論とは

これは、米国の組織心理学者ケン・ブランチャード氏と行動科学者のポール・ハーシー氏が提唱した理論で、どんな状況においても適用できる絶対的なリーダーシップ(正解)はなく、組織やチームの状況(能力・モチベーション)に応じて必要な指示や支援をするのが最適なリーダーシップであるとしています。

1.指示型

リーダーが意思決定を行い、部下やメンバーに具体的な内容・指示を伝え、細かくチェックする。部下のモチベーションは高いが、能力は低い場合に採用するスタイル。

2.コーチ型

リーダーは指示型と同様に指示命令を与えるが、一方的な指示ではなく、自分の考えを説明し、部下の疑問に答える。部下の意見やアイデアを引き出すための援助もする。部下のモチベーション・能力共に低い場合に採用。

3.援助型

意思決定は部下が行い、リーダーは細かな指示はあまりせずに、部下の話をよく聞いて目標を達成するまでのプロセスを援助する。部下に特定の業務を遂行する能力があるが、その業務を担当するために必要なモチベーションが低い場合に採用。

4.委任型

リーダーは夢やビジョンを語り、意思決定を部下に任せて、進捗状況の報告を受ける。部下のモチベーション・能力共に高くサポートをほとんど必要としていない場合に採用。

まとめ

以上のように、リーダーは仕事・役割であり、管理職がリーダーシップを発揮するには、状況に応じた最適なスタイルを選ぶ必要があることを学習することが必要で、先天的な能力ではないのです。

関連する資料を無料でダウンロード

管理職育成のポイント~2024年問題を乗り越えるために~
・物流企業の管理職に求められる役割とスキル
・管理者育成のための社内教育・研修体制事例大公開
・社長の仕事と幹部・管理職の役割

トップの考えを理解し、具体的な行動に移せる管理職を育成したい経営者は、ぜひご一読ください。

物流企業向け管理職研修のご紹介

「管理職・マネージャー育成アカデミー」
船井総研ロジ株式会社が総力を挙げて開催する、物流会社の管理職を育成するためのアカデミーです。企業を成長させる管理職のノウハウを学ぶことができるだけでなく、学んだことを実行できる管理職を育成いたします。
【次回開催】2023年1月12日(金)
物流会社のマーケティング・営業の基本戦略を学ぶ
・マーケティング・営業の基本戦略
・荷主獲得のための営業手法

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

三村 信明

船井総研ロジ株式会社 チーフコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!