物流経営コラム 2021.04.30

運送会社のDXは、ジャーニーマップを作りから

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス

ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

運送会社のDXはなぜ進まないのか

「運送会社のDX(デジタルトランスフォーメーション)は何から始めればいいのか?」最近、こんな声をよく聞きます。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を始めとしたツールにより、業務のデジタル化・業務効率化を検討している会社が増えてきています。

物流業界における生産性向上は、案件管理・勤怠管理・安全教育・給与計算など対象は多岐に渡ります。やるべきことが多く、どこから手を付けて良いか分からないという状態になりがちです。

運送会社のDXで、まず初めに行うこと

では、そうならないために何が必要か?それは・・・デジタル化の設計図「DXジャーニーマップ」の作成です。

ジャーニーマップとは、業務プロセスに沿って、導入すべきデジタルツールと、追うべきKPIを整理した全体設計図です。社屋を建てる時も、しっかりした設計図が必要なのと同じように、デジタル化にも設計図が必要になります。

物流業においては、トラックが出庫してから帰庫するまで、どの経路でどこに運ぶかの計画を立てるのと似ています。そして、それをDXに焦点を置いて図にしたものがDXジャーニーマップです。

運送会社のDXジャーニーマップの作成方法

まず、業務プロセスを書き出し、デジタルツールとどう組み合わせていくかを考えて、図に落とし込んでいきます。運行管理を例に考えます。

荷主からの指示書を起点に、請求書発行を終点としてその間の業務を書きだしていきます。(指示書の受領⇒案件登録⇒配車⇒運転手共有⇒配送完了⇒月末で締める⇒請求書発行といった流れが一般的だと思います。)

また、それぞれの工程で、どのツールを使っているかも考えてみましょう。たとえば、指示書はFAXで届く、案件登録はエクセルで行なっているなどが出てくるはずです。

そうやって、全体像を整理することでデジタル化すべき領域や、ムダになっている業務が見えてきます。そこから現状と目標を整理し、DXを進めていくことができます。

さいごに

もし、自社での作成が難しそうという場合もご安心ください。当社では、多くの物流企業のDX化の成功事例があります。無料の個別相談も承っておりますので、DXの進め方で悩まれている方はお気軽にご相談ください。

経営相談に申込む

オンラインでの経営相談をご希望の方はこちら

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

おすすめ情報

物流会社のためのDX(デジタルトランスフォーメーション)

資料ダウンロード/物流会社のためのデジタルトランスフォーメーション

概要
DX(デジタルトランスフォーメーション)がうまくいかない企業の共通点を知り、自社のDX推進を成功させましょう。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/butsuryudx/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/
船井総研ロジのメールマガジン

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon