物流経営コラム 最新更新日:2021.12.10

運賃交渉とDXの関係性

このところ燃料代が高騰し、サーチャージの追加など、荷主企業との運賃交渉に着手している企業が多いと思います。

実は運賃交渉を成功させるには「DX」、その中でも「データと経営の連携」が極めて重要です。

運賃交渉までの流れ

まず、運賃交渉までの流れを整理します。

①原価計算を行う

運賃交渉をするうえで、まずは自社の原価計算をしなければなりません。感情論ではなく、根拠となる数字を示して交渉しなければ、交渉の難易度が高くなります。また、交渉先を選定する際にも、荷主企業別・車両別・コース別に採算が合っているか、データで把握しましょう。

②交渉先の選定

原価計算をした後は、採算ラインを見極めます。そして、どの荷主企業に対して、どのくらい運賃を上げるかを決定しましょう。時間当たりの生産性・距離当たりの生産性などの指標も重要になってきます。

③提案資料の作成

運賃交渉は、口頭の説明だけでは上手くいきません。荷主企業の担当者への提案時だけではなく、その担当者が社内で承認を得るためにも資料が必要です。資料には、物流業界の状況(燃料価格、有効求人倍率、人件費等のデータ)・収支実績・値上げシミュレーション・実施スケジュールを記載するとよいでしょう。

運賃交渉のカギを握るデータドリブン経営

上記の①~③を進めるにあたり、いずれにも必要なものが、しっかりとしたデータです。

データドリブン経営(データをもとにした経営)を行い、自社数値を正確に把握できる仕組みを作る、つまり、DXを進めていくことが運賃交渉のカギを握ります。

運賃交渉を検討している運送・物流企業は、ぜひ参考にしてください。

中小運送会社の経営課題解決をサポートしています

中小運送会社の経営者のみなさまに、日々役立つ情報をお届けしています。下記の資料は無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

物流会社のためのDX(デジタルトランスフォーメーション)

また、当社では、運送業に特化したコンサルティングを行っています。無料相談も受け付けておりますので、いつでもご相談ください。

経営相談に申込む
オンラインでの経営相談をご希望の方はこちら
コンサルティングサービス一覧

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

おすすめ情報

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!