物流経営コラム 最新更新日:2022.08.04

DX中期経営計画 ~中堅・中小物流企業の事例~

【無料】実践版デジタル化セミナー|運送業におけるデジタル化とは?

「中期経営計画を策定中で、DXについても盛り込みたい」という声を最近よく耳にするようになりました。今回は運送・物流企業がDXを進めるうえで欠かせない「DX中期経営計画」について解説します。

DXに関する物流企業の経営者の悩み

以下のような状況に心当たりのある方が多いのではないでしょうか。

  • 「DXについての考え方は分かるけれど、結局どこから手を付ければいいか決めきれない」
  • 「輸配送・配車・事務・管理などの部門で、優先順位を付けられず場当たり的に実施している」
  • 「デジタル化は進んでいるが、果たしてDXなのかわからない」

そのようなときに考えなくてはならないのが「DX中期経営計画」です。

DX中期経営計画とは

経営に中期経営計画が必要なように、DXにも中期経営計画が必要です。

3~5年後にDXで目指す姿を明文化・数値化するということです。

例えば、配車支援・配車効率化のDXツールを入れた場合、車両あたり生産性の増加を織り込まなければならないですし、管理する人数も効率化されるはずです。

上記のような場合、DX中期経営計画では、

  • ・輸配送を強化するのは今なのか?
  • ・事務や経理の体制はそれに対応できるのか?
  • ・事務や経理のDX化の方が先ではないか?

といった全体最適に焦点を当て、DXを考えます。

さいごに

企業に人員計画・売上計画・投資計画・拠点展開計画があって、それと連動する形で売上利益計画があるように、目標達成のための「DX中期経営計画」が必要な時期に来ているのではないでしょうか。

ぜひ一度、「DX中期経営計画」を検討してみてください。

船井総研ロジでは、物流企業のデジタル化・DXの推進をサポートするサービスを提供しています。2022年8月4日(水)に「中小運送会社が生き残るための実践版デジタル化セミナー」を開催いたします。セミナーには無料で参加いただけますので、ぜひご参加ください。

≫ セミナーについて、くわしく知りたい

無料DL/物流企業のDX・デジタル化事例集

概要
物流企業におけるバックオフィスの効率化や業績アップへの具体的な事例をまとめた資料です。デジタル化やDXを他社はどう進めてどんな成果に繋がったのか知りたい方はぜひダウンロードください。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/caseofdxdigital/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!