物流経営コラム 最新更新日:2022.02.22

事故を起こすトラックドライバーの意外な共通点

事故削減に成功した運送・物流企業の事例を公開中|AI搭載のドライブレコーダー「AIロジレコーダー」導入事例

事故をよく起こすのは「未経験のトラックドライバー」と考えている経営者が多いようです。確かに、軽微な事故の件数は未経験の方が多いようです。しかし、「重大事故」でみると、意外とそうではないという調査結果があります。

本コラムでは、事故を起こすトラックドライバーの意外な共通点について、くわしく解説します。

事故を起こすトラックドライバーの運転経験年数


国土交通省が公表した「自動車運送事業用自動車事故統計年報(令和2年度)」では、事故が最も多いのは運転経験年数が25年以上あるトラックドライバーであり、次いで、5年から10年未満、10年から15年未満の順でした。

事故発生運転者の経験年数(乗務員に起因する重大事故の件数)

  •   25年以上:379人
  • 5~10年未満:293人
  • 10~15年未満:257人

経験年数別の人数の母数が違うため、一概には言えませんが、25年以上のベテランでも重大事故が多いことがわかります。また、運転経験歴が浅いドライバーに対しては、新人研修や添乗指導をおこなっているため、安全指導の効果がでているという見方もできます。

事故を起こすトラックドライバーの意識傾向

カナダにあるマギル大学の研究チームが「なぜ、ドライバーは危険な運転をして事故を起こすのか?」というテーマの調査結果を公表しました。その調査結果によると「危険な運転をするドライバーほど、自分が危険をおかす傾向があることに無自覚」であるそうです。

つまり、どれだけ社内で事故防止対策の取り組みをしても、トラックドライバー本人が危険運転をしている自覚がない場合、「事故件数が減らない」という結果につながっている可能性があります。


トラックドライバーの安全教育、難しくないですか…?|AI搭載のドライブレコーダ「AIロジレコーダー」

運転経験年数が長いドライバーの事故を減らすために

上述の通り、事故を起こすトラックドライバーは、自分が危険運転を行っているという自覚があまりないことがあります。そういったトラックドライバーには、自分の運転習慣や癖を認識してもらうことが非常に有効です。

具体的な方法として、さまざまなケースの事故映像をできるだけ多く見てもらうという方法があります。映像と自分の運転習慣を照らし合わせ、事故防止の意識づけを深めることが可能です。

「一時不停止」「車間距離不足」「脇見」など、だれでもやめることができる軽度の「リスク運転行動」を削減し、その先にある重度の「リスク運転行動」を減らしていきましょう。

精神論で終わらせない安全指導のポイント

当社は、「日々のリスク運転を管理し、効率的かつ効果的な安全教育」を実現するAI搭載のドライブレコーダー「AIロジレコーダー」の販売を行っています。

  • ・安全教育の効果がよく分からない
  • ・管理者の時間がなく、ドライバー教育に手が回せない
  • ・ドラレコを事故検証時にしか活用できていない
  • ・ドラレコから危険運転を見つけ出すのに時間と労力がかかっている
  • ・安全教育を行っても、事故を起こすドライバーが減らない など

トラックドライバーの安全教育に課題を感じている企業様は、ぜひ一度、当社にお問合せください。
AIロジレコーダーの詳細はコチラ ≫ https://lp.f-logi.com/service/logi-reco/

AIロジレコーダー|船井総研ロジ株式会社
くわしくはコチラ

また、当社では、運送業に特化したコンサルティングを行っています。無料相談も受け付けておりますので、いつでもご相談ください。

経営相談に申込む
オンラインでの経営相談をご希望の方はこちら
コンサルティングサービス一覧

なお、コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

おすすめ情報

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

船井総研ロジ株式会社

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!