物流経営コラム 最新更新日:2022.06.22

運行管理者にも無事故手当

【無料ダウンロード】AIを活用した安全教育を徹底解説

運行管理者(安全教育担当者)の無事故手当

ドライバーに対して、1ヶ月や3ヶ月間無事故・無違反だった場合
無事故手当や安全運行手当などをつけている企業は多いかと思います。

ある運送会社では、運行管理者(安全教育担当者)にも
無事故手当制度を取り入れています。

運用方法と効果

自身が担当するドライバー全員が3ヶ月間無事故・無違反であれば
手当がつき、1件発生するたびにその額を減らしていきます。

担当しているドライバー数が多ければ、その分事故発生の確率も大きくなるため
発生した際の削減額を少なくして、不公平感が出ないように調整されています。

ドライバー本人だけでなく、その管理者の当事者意識を高めることができるでしょう。

管理職は歩合比率を高める

同社に限らず、近年、ドライバーには安定・安心して働いてもらい、
管理職はその成果によって評価したいという思いから、ドライバーの給与は固定給比率を高め、
管理職は歩合比率を高める、という運送会社が増えてきています。

会社の方針・役割を理解してもらい、行動に移してもらうために
管理者にも、できたかできなかったかで差がつく手当や歩合制を導入することは
有効な取り組みだと思います。

さいごに

船井総研ロジでは、物流経営に役立つ情報を無料で公開しています。ぜひ活用ください。

≫ 資料をダウンロードする

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

Pen Iconこの記事の執筆者

河内谷 庸高

船井総研ロジ株式会社 エグゼクティブコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!