物流経営コラム 最新更新日:2022.05.12

経営者が考えるべきDXの3分類

DXの3分類

DXは3つに分類することができます。
「集客・営業DX」「業務・現場DX」「管理DX」です。

①「営業DX」・・・「問い合わせ⇒営業⇒受注」に至るまでのDX
②「業務DX」・・・「受注⇒荷積⇒荷卸」に至るまでのDX
③「管理DX」・・・「配車管理・運行管理・人事管理・会計管理」などのDX

ボトルネックの特定

DX経営で大事なことは、これらの分類を意識して、
どの領域が自社にとって主要な課題なのか(=ボトルネック)を整理することです。

見落としがちなポイントがあります。
DXにおいては、自社の強みだったものがボトルネックになりうるということです。

例えば、どんな案件でも全部受けて対応する配車管理に強みを持っていて
それで成長してきた運送会社ほど、実は仕組みができていないことがあります。

配車マンが優秀で、配車管理能力が高く、仕組みを作る必要が無かったからです。

しかし、今後さらに受注を積み重ねるとか、後任を育成するとなった場合に、今の体制では限界がきます。その優秀な配車マンに頼りすぎているという状況はボトルネックです。

だからこそ「管理DX」での属人性の排除がキモになってくるわけです。

さいごに

このようにDX経営では、どの分類を優先して進めていくのか?という経営判断が非常に大切です。

そして、これこそが経営者の仕事です。その優先順位は、前述した自社の内部状況で決まります。まずは経営視点で自社の内部分析を始めてください。

当社は「中堅・中小物流企業向け経営コンサルティングサービス」を提供しています。デジタル化・DXに関する相談やサポートも承っておりますので、いつでもご相談ください。

無料経営相談に申込む
オンラインでの無料経営相談をご希望の方はこちら
コンサルティングサービス一覧

電帳法改正のポイント

無料DL/電帳法改正のポイントと経理DX

概要
電帳法改正のポイントとバックオフィス効率化の具体的なステップをまとめた資料です。「電子帳簿保存法への理解が不十分かも」「法改正を機にバックオフィスをしたい」と考えている方は、ぜひダウンロードください。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/electronicbilling/
物流会社のためのDX(デジタルトランスフォーメーション)

無料DL/物流会社のためのDX

概要
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?DXが企業の業績に与える影響やDXがうまくいかない企業の共通点について、物流会社の事例をもとに解説します。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/butsuryudx/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

コラムの更新やセミナーの最新情報はLINEでも配信中です。
この機会にぜひ『友だち登録』をお願いします。

友だち追加

↑クリックすると友だち登録用のQRコードが表示されます。

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!