物流経営コラム 2020.11.25

ロゴの差別化戦略

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス
ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

会社のイメージアップができる、簡単なブランディング手法を紹介します。

・営業活動をしているのに、仕事の問い合わせがこない。
・お金をかけて求人を出しているのに、応募が少ない。

これらの要因の一つに、会社のイメージがあります。

簡単にイメージアップを図る施策として、ロゴがオススメです。
ロゴは、会社の特長を表現し、見る人にプラスのイメージを持ってもらえるためのシンボルとなります。

ロゴをうまく活用している会社で、アメリカのサウスウェスト航空の例があります。

こちらの会社は、コロナ禍である2020年を除くと毎年右肩上がりで業績が上がっており、2000年におよそ50億ドルだった売上が2019年には220億ドルまで伸長しています。

そんな同社は、ロゴを重点施策の一つに置いています。

時代に合わせて変化を遂げるため、創業から8回もロゴのデザインを変更してきたようです。

その一部を紹介すると、1998年に刷新したロゴでは、力強さと一般認知を更に高めるために、ロゴの中に自社の飛行機を模したイラストを描いています。

また、2014年にふたたびロゴを変更した際には、「すべての従業員が愛情を持ち、お客様に接する」という会社方針のもと、ハートマークを取り入れました。

同社では、時代背景やその年代に応じて、自社が伝えたい思いを具現化してロゴを作っています。

その他の会社だと、ペプシコーラを販売するペプシコ社も同様にロゴを進化させています。

そもそもロゴを設定していなかったり、設定していたとしても創業当時の思いからロゴを変えていなかったりする物流会社は多いと思います。

ロゴを変えることは会社のイメージアップにつながります。

例えば、スタイリッシュなロゴは新しいことにチャレンジしているような印象を与えますし、採用面でも若手人財からの注目を集めるきっかけにもなります。

今は、フリーランスのデザイナーを活用することで、5万円前後の費用で制作することも可能です。

ぜひ作成を検討してみてください。

おすすめ情報

テキストダウンロード/50台以下の運送会社がコロナ不況で生き残るためのホームページ徹底活用法とは?

概要
業績アップに成功している運送会社に共通することは、ホームページを中心にした集客を徹底的に行なっているということです。運送会社がホームページ構築するうえで、押さえておかなければならないポイントや外してはいけないテクニックについて解説します。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/hp-utilize-shipping-co/

セミナー/コロナで奪われた売り上げを取り戻すセミナー

概要
インターネット広告やメールDMなどを駆使し、月20件以上の問い合わせを安定的に獲得する幸栄流通株式会社 代表取締役 三村直也氏をゲスト講師に招待し、荷主企業や協力運送会社獲得のための取り組みにおいて、押さえなければならないポイントをご紹介します。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/seminar/202010-11-marketing/

サービス/Webマーケティング

概要
アクセス数確保と問合せ率向上の2軸の戦略をまとめて設計し、問合せ件数や応募者数の最大化を図ります。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/web-marketing/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/
船井総研ロジのメールマガジン

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon