物流経営コラム 2020.11.19

組織のエンゲージメントを高めて会社の生産性を上げる

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス
ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

皆さん、「エンゲージメント」という言葉をご存じでしょうか。
似たような使われ方をされている言葉として、従業員満足(ES)、ロイヤルティ、モチベーションがあります。

①従業員満足(ES)・・・従業員がどれだけ、会社や職場に満足しているか。給与、福利厚生、職場環境、人間関係などへの満足度。満足度が高まれば、離職率を低下させる要因にはなるが、必ずしも会社の収益性・生産性が高まるとは限らない。
②ロイヤルティ・・・従業員の会社に対する忠誠心、帰属意識。経営者が従業員を従える、上下関係が前提。
③モチベーション・・・ものごとに取り組む、行動を起こすための個々人の動機づけ。インセンティブによってモチベーションを引き出す試みがあるが、個人が感じるもので、モチベーションが高くても、個々人がバラバラで会社の生産性は上がらない。
④エンゲージメント・・・従業員一人ひとりが会社の掲げる戦略・目標を適切に理解し主体的・意欲的に取り組んでいる状態。組織と個人は対等の状態。

以上のように、④エンゲージメントは、今の時代にあった考え方といえ、エンゲージメントを高めることで、会社の収益性・生産性向上、離職率低下、質の高いサービス向上、社員の欠勤減少といった効果が現れます。

エンゲージメントを診断する指標として、アメリカの心理学者フランク・L・シュミット博士とギャラップという調査会社が開発した、会社が従業員に対して行う12の質問として、「Q12(キュー・トゥエルブ)」を紹介いたしますので、是非、活用してみてください。

Q1:職場で自分が何を期待されているのかを知っている
Q2:仕事をうまく行うために必要な材料や道具を与えられている
Q3:職場で最も得意なことをする機会を毎日与えられている
Q4:この1週間のうちに、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした
Q5:上司または職場の誰かが、自分を一人の人間として気にかけてくれている
Q6:職場の誰かが自分の成長を促してくれる
Q7:職場で自分の意見が尊重されているようだ
Q8:会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる
Q9:職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている
Q10:職場に親友がいる
Q11:この6カ月のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた
Q12:この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった

※完全に当てはまる(5点)、やや当てはまる(4点)、どちらともいえない(3点)、やや当てはまらない(2点)、完全に当てはまらない(1点)で評価。

おすすめ情報

セミナー/物流会社のための年商30億円の壁を突破する次世代経営幹部人材・管理職育成セミナー

概要
・一気に業績が伸びる会社に生まれ変わるための7つのポイント
・社長の仕事と幹部・管理職の役割・スキル
・30億の壁を越える組織体制、チームビルディング
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/seminar/202011manager-training-seminar/

テキストダウンロード/労務リスクを回避する人事賃金制度のポイント

概要
運送業における労務リスクを回避する人事賃金制度のポイントを解説したテキストがダウンロードできます。賃金体系見直し、労務コンプライアンス対応、人事制度の構築を検討中の企業の方は必見です。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/training/

サービス/評価賃金制度構築

概要
業績アップを主眼においた組織・制度づくり=お客様の成長戦略を実現する人事制度を構築を支援いたします。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/assessment/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学んでいます。一緒に「社員が誇れる物流企業」を創りませんか?
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

Pen Iconこの記事の執筆者

三村 信明

船井総研ロジ株式会社 チーフコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon