物流経営コラム 2020.10.27

営業は熱量

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス
ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

最近、営業について相談を受けます。よく聞かれるのは、
受注率を上げるためにはどうすればよいでしょうか?という相談です。

サービスや売り方はもちろん磨かなければならないと思いますが、
今回お伝えしたいのは『熱量』です。

「弊社に任せてもらえれば、安心です。任せてください!」という『熱量』が
とても重要になります。

なぜ、重要かというと、中小の物流企業の商品は人間だからです。
大企業になると大きな倉庫やシステムが商品になりますが、中小物流企業の
場合は『人間』が商品です。よって、営業担当が『熱量』を伝えられれば、
おのずとその企業の人間の魅力に気づいてもらえ受注に繋がるのです。

また、熱量があるからこそ、断られた際に悔しくて「なぜ断られたか?」
ということを考え始めます。そうなると、サービス内容だったり、
売り方だったり、受注率アップのための改善が進みます。

ですから、営業担当の根底には『熱量』が必要なのです。
小手先のテクニックではどうにもなりません。

これからは荷量確保のために営業を強化していかなければなりませんので、
ぜひ『熱量』を意識して営業体制を構築してみてください。

それができて初めて、売り方にこだわっていきましょう。

おすすめ情報

セミナー/コロナで奪われた売り上げを取り戻すセミナー

概要
インターネット広告やメールDMなどを駆使し、月20件以上の問い合わせを安定的に獲得する幸栄流通株式会社 代表取締役 三村直也氏をゲスト講師に招待し、荷主企業や協力運送会社獲得のための取り組みにおいて、押さえなければならないポイントをご紹介します。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/seminar/202010-11-marketing/

テキストダウンロード/50台以下の運送会社がコロナ不況で生き残るためのホームページ徹底活用法とは?

概要
業績アップに成功している運送会社に共通することは、ホームページを中心にした集客を徹底的に行なっているということです。運送会社がホームページ構築するうえで、押さえておかなければならないポイントや外してはいけないテクニックについて解説します。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/hp-utilize-shipping-co/

サービス/Webマーケティング

概要
アクセス数確保と問合せ率向上の2軸の戦略をまとめて設計し、問合せ件数や応募者数の最大化を図ります。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/web-marketing/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

Pen Iconこの記事の執筆者

高橋 竜二

船井総研ロジ株式会社 エグゼクティブコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon