物流経営コラム 2020.09.10

荷主から問い合わせを集めるために必要な他社との差別化とは

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス
ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

船井流「差別化の8要素」を用いた、他社との差別化優位戦略についてお伝えします。

本年は、コロナなどの影響によってGDPも下落し、経済も冷え込んでいます。
当然、荷量にも影響を及ぼしますので、売り上げ確保に向けて動き出す必要があります。

他社との荷物獲得競争のなかで、優位を生み出すためには、差別化が重要です。
ここで、船井流の差別化の8要素をお伝えします。

1.立地
2.規模
3.ストアロイヤリティ
4.商品力
5.販促力
6.接客力
7.価格力
8.固定化力

船井グループでは、1~3をすぐに変えられない戦略的差別化、4~8をすぐに変えられる戦術的差別化と分けています。
また、1から順に影響力の強い順番としています。

それぞれ、どういった要素が8要素にあたるか、例を挙げてみます。

項目運送倉庫
立地高速道路沿い工業地帯内に立地
規模車両台数倉庫坪数
ストアロイヤリティ欧州車で車両を統一創業〇年の実績
商品力小型~トレーラまで
多様に保有
流通加工まで対応
販促力WEBページの充実SNSなどでの情報発信力
接客力即見積もり専属担当者設置
価格力混載で輸送コスト削減地域最安の坪単価
固定化力配送後の顧客
アンケートの実施
報連相の徹底

このように、軸で考えると、自社の強みが出てきやすいのではないでしょうか。

上記の8要素を意識して、自社の強みを整理してみましょう。

どの会社にも、他社とは異なる特長が見えてくるはずです。
そして、勝機はそこにあります。
どんな状況下でも選ばれる会社作りのため、ぜひ実施していただきたいと思います。

おすすめ情報

テキストダウンロード/労務リスクを回避する人事賃金制度のポイント

概要
運送業における労務リスクを回避する人事賃金制度のポイントを解説しています。賃金体系見直し、労務コンプライアンス対応、人事制度の構築を検討中の企業の方は必見です。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/labor-risks-2019/

テキストダウンロード/物流企業のBCP

概要
物流企業のBCP策定チェックポイントと具体的な策定方法を解説しています。BCPを策定を検討している運輸・倉庫企業の方は必見です。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/butsuryubcp/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

齊藤 史織

船井総研ロジ株式会社 主任コンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon