物流経営コラム 2020.09.03

運送会社の従業員がコロナに感染したとき、賃金の支払いはどうなる?

物流企業向けコンサルティングサービス
物流企業向けコンサルティングサービス
ロジスティクスプロバイダー経営研究会
ロジスティクスプロバイダー経営研究会

現在各社において、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止のためのさまざまな環境づくりに取り組んでおられることと思います。ただ、そうした取り組みを以てしても、新規感染者数は増加傾向にあり、社内に感染者が出た場合の企業の対応を考えておく必要があるでしょう。

そこで今回は、従業員が新型コロナウイルスに感染したときの賃金の支払いについて見ていきたいと思います。

もし従業員が感染していることが分かった場合、医師や保健所の指導のもと当該従業員に休業していただくことになりますが、これは都道府県知事が行う就業制限による休業に該当するため、賃金の支払い義務はありません。

ただし、会社としては、従業員の生活の保障が求められますので、以下の制度の活用を検討してみてください。

1.傷病手当金

当従業員が加入している被用者保険(健康保険)の要件を満たせば、傷病手当金が支給されます。要件や支給額は、保険者によって異なります。ただし、会社から給与や休業補償を支払っていると利用できない場合があります。

2.労災保険給付

業務に起因して感染したと認められる場合には、労災保険給付の対象となります。もし、感染経路が特定されない場合でも、支給が認められた事例があります。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る労災認定事例」

どちらも従業員本人に請求してもらうものですが、会社から制度利用を喚起したり、本人による請求が困難な場合は、会社が助力することが推奨されます。

また、濃厚接触者やその他の従業員を休業させる場合は、会社による補償(休業手当や雇用調整助成金など)が必要な場合がありますので、対象者の感染リスクに応じた対応が大切です。

おすすめ情報

テキストダウンロード/労務リスクを回避する人事賃金制度のポイント

概要
運送業における労務リスクを回避する人事賃金制度のポイントを解説しています。賃金体系見直し、労務コンプライアンス対応、人事制度の構築を検討中の企業の方は必見です。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/labor-risks-2019/

テキストダウンロード/物流企業のBCP

概要
物流企業のBCP策定チェックポイントと具体的な策定方法を解説しています。BCPを策定を検討している運輸・倉庫企業の方は必見です。
詳細
https://logiiiii.f-logi.com/documents/text/butsuryubcp/

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

多田 沙織

船井総研ロジ株式会社

その他の記事を読むArrow Icon