物流経営コラム 2019.09.11

採用活動におけるFacebook広告の活用法

〔PR〕ロジスティクスプロバイダー経営研究会
〔PR〕サービス/物流企業向けコンサルティング

採用活動を本格化していくにあたって、採用強化型HPを作成し、HPのアクセスを集め、応募を発生することは非常に効果的な施策です。応募数は「HPのアクセス数×応募率」という式で表すことができ、応募数を増やすためには「アクセス数」と応募率」という二つの軸で考えていく必要があります。
応募率は、採用強化型HPのコンテンツを充実させ、応募への導線をしっかりと設計することで上げることができます。応募率にはある程度限界がありますが、アクセス数は様々はチャネルを活用することで増やしていける可能性を秘めています。HPとindeedを結び付けることでアクセス数は格段に増加しますが、indeed以外からもアクセスを集めるために、Facebook広告を活用してみるのはいかがでしょうか。
Facebookは日本で月間ユーザー数が2,800万人おり、そのうち7割の1,960万人が毎日利用しています。そして、Facebookを利用している人は、本名や出身校、誕生日などのパーソナルな情報が多く登録されているため、広告のターゲティング精度が高く、他のWebメディアの広告に比べて、その精度は平均1.5倍と言われています。また、配信時間と期間も自由に設定でき、予算も自由に設定できます。
採用活動を加速させていくためには、まず自社のHPを見直し、indeedへ結び付けることは必須であるといえます。そして、更なるアクセス数増加のために、Facebook広告を活用することは有効な施策です。まだ、Facebook広告を利用したことがない方は是非活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ情報

サービス/ロジスティクスプロバイダー経営研究会

概要
業績アップに特化した物流企業が集まる経営研究会!船井総研ロジが主催する研究会は、日本の物流業界をけん引する企業が一堂に会し、業績アップのノウハウを学びます。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/society/

サービス/物流企業向けコンサルティング

概要
当社が有する以下のノウハウを最大限に活用し、コンサルティングサービスを提供しています。物流業界に特化し、全国で300社以上の物流企業の業績アップコンサルティングを展開しています。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/

Pen Iconこの記事の執筆者

松尾 一志

船井総研ロジ株式会社 シニアコンサルタント

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!