中国ECロジスティクス最前線 2021.05.10

2020年 中国宅配市場 最新レポート

中国国家郵政局は2021年5月8日に、最新の中国宅配業の発展状況「2020年中国宅配便発展指数(CEDI)」を公開しました。当レポートでは、日本語で要点をお伝えします。

1.中国宅配便発展指数とは

2021年5月8日、中国国家郵政局が「2020年中国宅配便発展指数(CEDI)レポート」(※1)を発表しました。2020年の中国宅配便発展能力指数は1259.1で、2019年の指数998.3比26.1%増でした。過去4年間(2017年から2020年)の年平均成長率は23.6%に達しています。

CEDIとは、国家郵政局と国家統計局が2010年の指数を100として、中国の宅配便の発展状況と発展水準を評価したものです。業界内外の専門家の意見を幅広く聞き取った上で設定しており、業界の変化や将来の発展傾向を全面的に反映しています。

2010~2020年中国宅配便発展指数
作成:船井総研ロジ株式会社

※1:中国国家郵政局

2.2020年 中国宅配便 市場動向

2020年、中国宅配便の個数は833.6億でした。前年同期比31.2%増、約200億、増えています。世界の宅配便の個数の約6割を占めており、連続7年、世界第1位の物流大国となっています。

新型コロナウイルスが中国経済に悪影響をもたらした一方、コロナが落ち着いた3月以降は、Eコマースの成長がコロナ以前の水準を遥かに超えたため、社会全体の経済回復をもたらしました。

2020年、宅配企業の日平均処理数は前年同期比35.3%増、2.3億件を超えました。最大日処理数は、6.8億件で前年同期比25.9%増です。中国宅配便市場収入は、昨対比17.3%増の8795.4億元(約14.94兆円)に達しました。

2018~2020年中国・日本宅配個数(億件)と昨対比(%)
 201820192020
中国507.1(26.59%)635.2(25.26%)833.6(31.2%)
日本43.1(1.3%)43.2(0.3%)
作成:船井総研ロジ株式会社

 

なお、日本国内の宅配市場数値は、国土交通省が発表しています。2019年のデータでは、年間43.2億個となっているので、中国の物量と成長率が、いかに大きいかが分かると思います。

3.中国のEC市場の成長を後押しするライブコマース

中国の宅配便市場が、これほど早く発展を遂げたのは、Eコマース市場の成長と深く関わっています。2020年のオンライン小売額は同比10.9%増の11.76兆元(約200兆円)を超えています。これは日本全体のGDPの約45%の水準です。いかに大きい市場かが理解いただけると思います。

2020年前半はコロナ禍で人々が在宅を余儀なくされたため、オンラインショッピングが急拡大、ライブコマースの認知度が一気に広まりました。2020年12月時点で中国ライブコマースの利用者数は3.88億人で、ネット民(9.89億人)全体の39.2%を占めました(※2)。

スマホの普及率とECユーザーの高齢化傾向が続きますので、ライブコマースが今年に入ってからも中国のEC市場を躍進させていきます。

ライブコマース利用者だけではなく、中国政府もライブコマース産業の成長に応援しています。そこで中国国家郵政局は、2021年の中国宅配便の個数は前年同期比20%増の1,000億件に達し、宅配収入は同比18%増の10,000億元が見込まれています。

※2:中国ネット発展状況統計レポート(CNNIC)

https://www.f-logi.com/ninushi/seminar/202105cross-border/

中国は国内ECだけでなく、越境ECも巨大な市場として成長を続けています。中国の最大の越境ECの輸入国は日本です。船井総研ロジでは、日本からみて最大の越境EC市場である中国への「爆売り」セミナーを企画しました。

日本国内でコロナ禍が続くなか、大きな売上アップが見込めない企業にとって、お隣の巨大市場であり、EC大国である中国市場はまさに絶好の市場です。すでに中国向けの越境ビジネスを実施されている企業様はもちろんのこと、日本の良品を世界一の巨大市場に販売していくことを検討される企業様もぜひこの機会にご参加くださいませ。

Pen Iconこの記事の執筆者

魏 仙麗

船井総研ロジ株式会社

その他の記事を読むArrow Icon

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!