物流セミナーレポート 2021.09.27

AIの自動広告運用で求人広告を効率化!「倉庫・物流センター作業員採用セミナー」

倉庫・物流センター作業員採用セミナー

求人広告は増加の一途を辿り、今までと同じ求人媒体・広告枠・募集条件・訴求内容だと反響率が激減しています。
求人広告の主流はインターネット広告に移っており、特にクリック課金型の広告が主流になっています。
クリック課金型広告を活かすには多数の求人サービスを活用しながら日々調整が必要ですが、工数的・時間的なリソースが奪われます。
その解決策としてRecluting Cloudがあります。Recluting CloudはAIが自動で広告運用を行うことで「応募単価を下げる」「応募が集まる」「運用工数が減る」というメリットを実現することが出来ます。

講座概要

AI採用で安く・早く・大量に人を集める!倉庫・物流センター作業員採用セミナー

AI採用で安く・早く・大量に人を集める!倉庫・物流センター作業員採用セミナー

Recluting Cloudについて

本講座では、採用市場に関する最新動向と求人掲載先の最適化から広告出稿までAIが自動で実行するツールについて取り上げています。

2009年以降、求人広告は520万件から1700万件超と約3倍に増加し、今までと同じ求人媒体・広告枠・募集条件・訴求内容だと反響率が激減しています。

求人広告の主流はインターネット広告に移っています。
従来は掲載するだけで費用が発生する掲載課金型が主流でしたが、昨今は1クリックされるごとに費用が発生するされるクリック課金型に替わってきています。

このような背景から採用市場で勝ち残るためにはクリック課金型広告を活用し、費用対効果良くクリックを集めることが必要です。

Recluting Cloud

費用対効果良くクリックを集めるには下記のプロセスが必要です。
・最適な媒体の選定
・予算の決定求人原稿作成&出稿
・予算消化率の確認
・求人閲覧単価の調整
・媒体ごとの応募者管理
・求人原稿修正

しかし、現実にはこのような作業を行うには人的・時間的リソースが多く必要であり困難と考えらます。
これらの課題を解決するためには「Recruiting Cloud」が効果的です。
「Recruiting Cloud」は様々な求人検索エンジンから、安くクリックを集められる掲載先を見つけ、広告出稿まで可能なAIツールです。実際の成功事例を用いて活用方法を紹介します。

受講者の声

求人市場の経緯と現状が知れ、将来的な打ち手や対策についてもご提案頂き参考になりました。
(運送会社 H社)

作業員等のスタッフ求人は基本的には委託先の協力会社が派遣会社に依頼し手配しているが、新たに自社運営でスタッフを確保する場合にかなりの広告費が掛かることが分かりました。有難う御座いました。
(物流会社 M様)

解り易く説明頂いた。成功事例の紹介以外にAI活用の留意点や経験上の失敗事例?の説明が有れば尚可。
(運送会社 K社)

おすすめ情報

サービス/デジタル化コンサルティング

概要
デジタルツール活用や、RPA・AI導入による業務効率化を図ります。規模と目的に合わせて、無理のないデジタルシフトをサポートします。
詳細
https://www.f-logi.com/butsuryu/consulting/digital/

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!