物流用語辞典 最新更新日:2021.11.25

一貫パレチゼーション(読み方:いっかんぱれちぜーしょん)

一貫パレチゼーションとは、作業効率向上のため、パレット積みのまま発送から到着の荷卸しまで
一貫して輸送する方式
である。パレチゼーションとは、パレットを用いた輸送を指す。

メリット:

(1)荷役作業が大幅に低減でき、作業時間短縮による人員コスト削減に繋がる
(2)フォークリフトを用いてパレットに積載された荷物を、パレットごと積み替えることで
作業の効率化が図れる

(3)輸送の側面だけではなく、そのまま店頭に並べることで陳列に関する効率化も図れる

デメリット:

(1)パレチゼーションは輸送効率が上がる反面、パレット使用により積載効率や保管効率が悪くなる
(2)パレットの回収・管理が不十分である場合、紛失・流出が発生してコストがかかる

船井総研ロジの公式メールマガジン メルマガ会員募集中!

物流業界の時流を、より深く!船井総研ロジのWEBマガジン「ロジー」の物流用語辞典では、 一貫パレチゼーション(読み方:いっかんぱれちぜーしょん)や運行三費など物流関連用語の解説をしています。 また、船井総研ロジは荷主企業・物流/運送企業双方にコンサルサービスなど多岐にわたるサービスをご提供しております。
詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。