トップの視点 2020.05.29

BtoBもAISAS

荷物が減少し、ウェブからの問い合わせ件数は減っているが、ホームページへの訪問件数は増えているというケースが多くなっています。

多くの荷主がヒマになって、情報収集に時間を割いているのかもしれません。

そして、withコロナ、afterコロナの時代に合わせた物流戦略・戦術の変換に備えているのだと思います。

withコロナ、afterコロナの時代の顧客獲得戦術は、今までのようなアナログ一辺倒では通用しません。

物流のようなBtoBサービスの購買行動においても、『AISASの法則』が当てはまるようになります。

荷主の注目(A)、興味(I)、検索(S)の行動をオンラインでしっかりフォローする仕組みを持たない企業は、新規案件の獲得力が著しく低下するでしょう。

Pen Iconこの記事の執筆者

橋本 直行

船井総研ロジ株式会社 取締役 常務執行役員

その他の記事を読むArrow Icon